<動画>東海道57次講演会

「幕府の街道記録」を重視し「大坂への 57 次」を解説する東海道の3資料館が連携という初企画で、その第1弾として「東海道 57 次講演会」と蒲原宿の「東海道町民生活歴史館」での展示を企画致しました。

講演会の動画を公開しましたのでお知らせ致します。

日時 2022 年(令和4年)5月29日(日)
会場 清水ふれあいホール(静岡市役所・清水庁舎3F)
主催 蒲原宿・東海道町民生活歴史館

第1部 開会: https://youtu.be/CWniYNGP0gQ
第2部 基調講演: https://youtu.be/9_BVGleqV8Q
第3部 連携資料館による講演 https://youtu.be/PrKasiA5kpU

第1部:開会の部

・ 主催者挨拶 東海道町民生活歴史館 館長 志田 威
・ 来賓ご挨拶 静岡市観光交流文化局長 望月 哲也 様、静岡市議会議長 望月 俊明 様
・ 記念撮影、講演概要
・ 祝電 鈴与株式会社 代表取締役会長 鈴木 与平 様、落語家・東海道町民生活歴史館 名誉館長 春風亭昇太師匠

第2部:基調講演

「教科書も伝え始めた大坂への東海道57次と57次の魅力」
東海道町民生活歴史館・館長 志田 威

第3部:連携資料館による講演

・「東海道と二川宿」 二川宿本陣資料館 和田 実 館長
・「道の国・近江と東海道草津宿」草津宿本陣(街道交流館)  八杉 淳 館長
・閉会挨拶 東海大学名誉顧問 高橋信由 先生

 

東海道57次について報道されました

朝日新聞記事_東海道57次について

先日、館長の志田威が、朝日新聞名古屋本社の取材を受け、本日の名古屋版に記事が掲載されました。
本年3月に岐阜県で講演し、「第4回街道交流会・第2部」としてYou Tubeで発信していることもあり、
街道の真実を伝えることに、関心を持つ方が増えつつある感じです
宜しければ周辺の方々にもご発信いただければ幸いです。

■記事(PDF)は、下記のリンク先からダウンロードいただけます。

朝日新聞記事 20210902東海道57次

<関連動画サイト>

※第4回街道交流会 WEBサイト https://www.seiundo.co/kaido

※第4回街道交流会 第2部 https://www.youtube.com/watch?v=vOLVVxFq7Fo

朝日新聞記事_東海道57次について
【朝日新聞】志田威インタビュー記事「東海道57次を伝え続ける」(2021年9月2日)

「第4回 街道交流会」開催について

明治4年3月1日(1871年4月20日)に東京から大阪までの東海道57宿、美濃路・名古屋宿、佐屋路4宿に郵便取扱所が開設されて150年になりますが、日本の郵政は、宿場の重要使命であった継飛脚業務を採り入れて創業しており、郵便と宿場・街道の縁は深いものがあります。
当館では、平成29年に第1回東海道57次交流会を静岡県静岡市清水区の蒲原宿で開催し、その後、名古屋市、三島市と3回にわたり交流会を開催してきました。今年度は中山道、美濃路、佐屋路も含めた拡大交流会を企画し、第4回街道交流会として岐阜県で開催するために準備を重ねて参りましたが、新型コロナ感染症の問題が深刻になったことから、朝日大学の協力により、従来の様な一般参加いただく方式でなく、主催者、共催者など関係者に限定した方式で開催することに致しました。なお、後日改めて交流会を撮影した動画をYouTubeで発信する予定です。

※動画を公開しました。動画放映予定サイトはこちら

※街道交流会YouTubeチャンネルはこちら

※街道交流会特設ページはこちら