東海道57次講演会のご案内

下記のように「東海道57次講演会」を開催することになりましたので、ご案内いたします。

日時:令和4年5月29日(日)13:30-16:30(開場13時)

場所:清水ふれあいホール(静岡市清水区旭町6番8号 清水庁舎3階)

<講演会プログラム>

第1部:開会の部 ①主催者・ご来賓挨拶 ②3資料館連携についての説明と紹介

第2部:基調講演 「教科書も伝え始めた大阪への東海道57次と57次の魅力」 東海道町民生活歴史館 館長 志田威

第3部:連携資料館による講演

「東海道と二川宿」 豊橋市二川宿本陣資料館 館長 和田実

「道の国近江と東海道草津宿」 草津市草津宿街道交流館 館長 八杉淳

閉会挨拶

日本遺産「駿州の旅」ガイドブックに掲載されています

当館(志田邸)は、2020年に日本遺産に認定された『日本初「旅ブーム」を起こした弥次さん喜多さん、駿州の旅~滑稽本と浮世絵が描く東海道旅のガイドブック(道中記)~』の構成文化財であり、ガイドブックに掲載されています。

「ひととき」(発行:ウェッジ)2022年1月号:春風亭昇太師匠「東海道57次缶詰の旅」に掲載されました

志田邸の名誉館長でもある落語家「春風亭昇太」師匠は、静岡県のご出身で缶詰コレクターとしても有名です。

本企画では、師匠が「ツナ缶発祥の地」でもある缶詰王国の静岡県清水市を歩きながら缶詰をご紹介しています

師匠は蒲原宿にある当館「志田邸」の名誉館長でもあり、本誌内でも名誉館長の法被を着た姿が紹介されています。

【春風亭昇太師匠が味わい尽くす!「東海道57次缶詰の旅」】